長野県木島平からバイクツーリングのお誘い
      関西、中部方面版    飛弾高山・松本・長野・小布施経由

関西・中部方面からお越しのモデルコース第1弾です。
先ずは名神高速から一宮JCで東海北陸自動車道に乗り換え飛弾清見ICを目指す、ここからご案内致します。
飛騨清見ICを出てR158で高山方面に向かいR41と交わる少し手前右側に先ずは飛弾の里に寄ってみます、
続いてR41を左折して3個目の信号右折でまつりの森に向かいます。
その後飛弾高山市内に入りR158宮川に架かる鍛冶橋の東側に朝市でお馴染みの宮川朝市がそして200m
程行った左側が古い町並みを残した通りがあります。
高山を跡にして安房峠に向かいます、途中に飛弾大鍾乳洞もあります、平湯トンネルを抜ければ平湯温泉です
時間があれば新穂高に入り新穂高ロープウェーにて北アルプスの山々を間近に見るのも最高です、特に春は
残雪が素晴らしいのですが今回は時間がないので寄りませんでした。
一路安房峠と思いきやまだ積雪のため通行止め、安房トンネルで長野県入り、これ又時間があれば沢渡に
愛車を置いて(マイカー規制中ですのでシャトルバスに乗り換えます)上高地散策も良いですよ、今回はパス
して長野自動車道松本ICから高速移動で更埴JCから上信越道には入り豊田飯山ICで降りR117,R403にて
当館に到着です。
  
途中、安曇野の大王ワサビ農園、松川村のちひろ美術館、6月下旬なら池田町のラベンダーガーデン夢農場 等も寄り道してみたいところです。

 飛弾の里
 白川郷等から合掌作りの家を移築して内部も
 解放してあります。
 季節は違いますが園内はこんな感じで建物の
 中も自由に入れます。


 
  まつりの森
  飛弾高山まつりの屋台を保管する為に作られた地下の倉庫? 高山にはここの他市内に屋台会館にも
  保管されていますが、こちらは屋台のからくりが時間ごとに実際に見れるようになっています。


 宮川朝市
 宮川の東土手沿いに開店する朝市でいつも賑わって
 います、今日は春の高山まつりと重なりご覧の通り
 古い家並みを今に残す片原町周辺は何とも言えない
 哀愁があります。

     

 平湯トンネル手前にて、4月15日現在まだこんなに
 雪が残っていました。
 安房トンネル入り口料金所、このトンネルが開通
 する前は安房峠が冬季通行止めで長野に行けま
 せんでした・・・

 後日、新穂高ロープウェーに行ってきました、残雪の北アルプスが目の前に迫って見えるのは圧巻です。
 写真等ではあの感動はその場に立ってみないと実感できません〜〜  ウォ〜〜〜といった感じです。
 回りの山がよく見える日には是非行ってみる価値はあります。   (2008年4月22日)


  安房トンネル長野側、通り抜けて直ぐに(左写真)
  安房峠のからの道があります。(通行止でした)
  長野県側からの安房峠入り口雪さえなければ
  ビックバイクでも問題無く通れます。

 上高地への出発点、沢渡駐車場
 上高地はマイカー規制になっていますのでシャトル
 バスに乗り換えるしかありません、ここ以外4箇所
 程駐車場がありますがここが始発です。
 長野自動車道、梓川サービスエリアからの北アルプス
 今回は時間の関係で松本、飯山間は高速移動でした
 がR19の犀川沿いや林間なら美ヶ原経由と言う手も
 あります



    TOP  戻る