第34回 全日本フィールドアーチェリー選手権大会

           2005.05.20〜22       Photo by Atsuko Urano

  全日本社会人フィールドアーチェリー大会を1年半前に行ったばかりと思っていたら・・・またまた木島平で
  全日本フィールドアーチェリー選手権大会が5月20日から22日に掛けていずれも晴天の中 熱戦が繰り
  広げられました。
  場所は全日社会人と同じ木島平スキー場池の平ゲレンデ特設コース、前回のコースよりは少しコンパクト
  にはなりましたがアンマークとマークドの設置も入れ替えそれなりのコースになりましたので、努力の成果
  が出まして参加者には おおいに楽しんで頂けたのではと思います。

   会場本部横に作られた練習会場風景   開会式も終わり審判スタッフに引率されいよいよ
  コースに向かいます。


   マークド No 1 ポスト
  けっこうきつい射下ろしからのスタート
   No3.4.5ポストは雄大な草原に作られた
   ロングコースが続きました。  No5ポスト


    
  No 6ポスト
  一気に林の中に入り暗い中の行射でした
  でも下を見ると小さな山野草が沢山ありました。
   No 7ポスト
  ここも林間に作られたコースで新緑の中ですがすが
  しく楽しめました。


  No 9 ポスト
  林から抜け出し再びゲレンデの草原、少し射ち
  上げ気味のコースでした。
  No 10 ポスト
  明るい場所から暗い的へのきつい射ち
  上げで難関のひとつでした。

     

   No 11 ポスト
  こんどは草原のゆるい射ち下ろしで気分良く射
  てたでしょう。
   待機選手も真剣に見守っています。
   あれ〜〜カメラ目線のポーズもあります


  アンマーク No 3 ポスト、奧がNo6ポスト
  射上げの最長距離かな??
  このポストは多くの人が悩んでいました。

   さあ今回はどんなもんでしょう・・・・・

   アンマーク No 7ポスト
  林の中に作られた超きつい射上げの20cm的は強敵
  だったようです。
  当日はテレビの取材2社もあり、取材スタッフも大変でした。
 大会委員長様もコース視察に手作り杖で
 お出掛けです。


  イルミネーションラウンドの全体の様子。
  今回の大会の会場風景が分かります、右中央が練習会場

   ファイナルラウンドには入り審判員、スコアラー等スタッフも大忙し、ファイナルに残れなかった皆さんも
   応援に回り和気会々と楽しんでおりました。 

  ファイナルに向けて掲示板作りに急ぐスタッフ    ファイナル中のファイナルこの一射で決定

   最後にコンパウンド男子で優勝したのは常連
   の山田さんでした。
  表彰式には木島平村長もお越し頂き盛大に
  行われました。

    
   成年男子リカーブ部門は常連の塩田さんを押さえ
   二戸選手が優勝しました。
   木島平村長の大会終了御礼のご挨拶

   スタッフの皆さん
   コース作りから始まり成績発表及び会場撤収まで大変ご苦苦様でした。
   また 木島平観光(株)ならびに御協力頂きました各位様に感謝申し上げます。

                    大会成績はこちら

     TOP   戻る